安城レッズミニバスケットボールクラブ・ミニバス・安城・【安城レッズ】

2011 年 6 月 16 日  
未来のN.B.Aプレーや〜

こんにちわ。さぁそういうわけで。今週のパーソナリティのおおくぼです。(>_<)
おにごっこ、なんでやるの?
とか考えたことない?答えは、各自で考えよう。
むかし、ジュニアで、おにごっこしたけど。J中の子で、それこそ、必死にオニから逃げていました。何事も夢中になってオニなり、逃げたりしよう。
あたまをつかって、ずるはあかんで〜。
最近、みんなの目が、かがやいているね。ボールをつかって、外でもいいから。ゴールあったら、遊ぼう。
日中、少しづつ気温上がってきたから。水分もわすれるなよ。

大久保。⊂((・⊥・))⊃


2011 年 6 月 14 日  
ディフェンスのスリーステップが…

おいっす。なべです。
ディフェンス練習ばかり続けてきて1ヶ月ちょっと。
“チビレッズ諸君!!”
ビビルぞ!!
上手くなった!!スゴイゾ〜さん!!※笑うトコ
さらなる、練習を重ねて行こうよ!そして、夏の大会では前回とは違う、みんなのプレイをコーチたちに、みせてよね!?

ディフェンスで相手を圧倒的にヤッツケル!!
これができないチームは、勝ち上がれないぞ。だってさぁ、“背”に対する対策はディフェンスを強くすることがポイントだよ。前からあたることが大切になる。
後は、ちょっと離れた場所からのミドルシュートをどれだけ確率良く入れるかがさらなるポイントなんだよね。
課題は山積み。たくさんあるぞ〜(>_<)
さぁ、頑張りんよ。
※三河弁。静岡、東三河限定だのん(^O^)


2011 年 6 月 13 日  
ケガには気をつけよう。

110424_185156.jpg

もう本当に学校の大会まで一ヶ月かな!
この一ヶ月を必死に頑張ろう(^O^)
悔いの残らないように!
そして大会で一試合でも多く出来るように。
でも体調管理やケガには十分注意してな!
後悔しきれないから。
by かわもと


2011 年 6 月 9 日  
応急処置のアイシングとは??

Image225.jpg

おいっす。なべです。
本日は、みんなの勉強というよりも、お父さん・お母さんも一緒に勉強して頂ければと。(^O^)/
さぁ〜、席についてよ〜!準備は、よろしいですかなぁ〜。ではではぁ。。
捻挫ネンザ(挫傷ザショウ)に対する救急処置としまして
“RICE”と書いて、『ライス』と読みます。ライス処置があります。
これは、英単語の頭文字を救急処置順に並べたものなんです。
1.Rest…安静
2.Icing…氷冷
3.Compression…圧迫
4.Elevation…挙上

では、ネンザしてからライス処置を順を追って説明しますよ。
☆ウギャ〜、ジャンプして着地したのが相手選手の足だったぁ〜!
★(._.)どれどれ。コートから出すから運び出すぞ。ジャマにならいように
☆バッシュと靴下を脱がせて…、ありゃ!腫れてますなぁ〜
☆こりゃ、冷やさないといけないね。。氷は持ってきたか??
☆ヨッシャ。ビニール袋又はアイシング用の氷嚢 (ひょうのう)に氷をいれて、水も入れてっと。
※水の入れ過ぎに注意。水が多いと冷えないよ。
★さぁ、腫れたところに氷(氷嚢)をあててっと
★次は、氷嚢がズレないようにと伸縮包帯で固定しよう。
★よし!後は、足を心臓よりも高い位置へ…。あっ、椅子に足をのせってっと!!
★邪魔にならないトコで安静にしてもらってるから大丈夫だな!

という順番です。
患部を冷やすとき、特に注意してもらいたいことは『凍傷』ヤケドになってしまうこと。要するに、冷やせばいい と無理して冷やし我慢します。それが凍傷になる原因です。最初は慣れるまで“10秒”もつことができません。なので、伸縮包帯を一巻きした後、患部に氷をあてて固定することをオススメします。その時、居眠りして、アイシングをしたままになった状態で眠ってしまうことがありますので要注意。
それを、2〜3回繰り返します。

どうでしたか??
理解できましたか??

このアイシングは、通常の練習後、コンディションを整えるためにしたりします。
例えば、野球のピッチャーは100球越えたら、ベンチに戻りアイシングしてますよね。この様な体調管理で冷やすことを用いります。
で、このライス処置が必要な状態で“してはならない”『三禁則』があります。
1.湿布薬の使用
2.飲酒
3.入浴

これらは、血管を拡張し血流を増大させ、炎症をすすめてしまうからダメなんです。

なので、アイシングは大切なんですよ。
どうでしたか??勉強になりましたね。
但し、これをしておけば大丈夫!! というのはダメです。必ず、お医者さんに行ってしっかりみてもらうことを忘れないで下さい。

では、ケガをしないプレイヤーを目指し、日々の身体ケアができる選手になろう!!
本日の授業は、これにて終了。

キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン♪♪


2011 年 6 月 2 日  
コミュニケーション!

声で味方と意思の疎通をはかる事はバスケットに限った事じゃないけど、とても大切だよ!
っていうか普通かな。
レベルの高いチームほど、そういったコミュニケーションがしっかり出来てるし、なおかつ言われなくても体が自然に動いてる。
言葉のやりとりと体のバランスが取れているチームは強い。
コートの中で静かなチームが強くなるとは思えないしね。
何をしたらいいのか分からなければコートにたった瞬間からナイスプレイもイージーなミスにも、チームのみんなで声を掛け合っていこうぜ!
まずは、そこから。
by かわもと


2011 年 5 月 27 日  
ボールは友達(^O^)

みんなマイボールを持ってるよね!
ちゃんとクリーナーやワックスをつけて、みがいてるかな?
大切にしないとね!
ボールだってキレイにしてほしいじゃん。
って事で今度の日曜日の練習にクリーナーを持っていくからキレイキレイしたいチビレッズはボールをふける布を持ってくる事!
わかったか(^^ゞ
by かわもと


  
考え方一つで!

日々の練習に何かを感じることなんてきっとないと思うけど、練習の為の練習をしてるのと練習の中でいかに試合中のイメージしながら練習をするのとではメチャクチャ違いがあるって事だわ!
練習や試合が続いて疲れちゃうって思うのか、こんなにバスケットができて嬉しいって思うのか!
その気持ちの差がプレイで大きく響くから(^O^)
もっともっとバスケがしたいと思えば自分自身のバスケが変わるから。
みんなはバスケができるんだから! by かわもと


2011 年 5 月 25 日  
ケガだけは…ねぇ〜

おいっす。なべです。
ゆき!のぶ!こうた!!まだまだいるね!!
ケガ人リスト作成中だぞf^_^;
みんな!大好きなバスケットがプレイ出来なくなったことを考えたことあるかな??
学校の活動中にケガ、登下校時に交通事故、部活動中にケガ、友達と遊んでてケガなど。みんなが普段、生活している中に『危険』が潜んでいます。いいか!ケガはつきもの。誰がすきこのんでケガしたい人がいる??
だけどだぞ!!(−_−#)
“これがこうなると危ないなぁ??”とか。
“ここで止まって、左右を確認!!”とか。
“ここで走ったら危ない!(゜O゜)!”など。
あらゆる場面で、自分の判断が重要になってくる。『危険予測能力』を鍛えてるか!?
なかには、自分が予測もできない事でケガをする時だってある。そんなケガをした人もいるとは思う。
だけど、ケガってある程度自分で防げることが多いんだよね。
だから…、
まずは、普段の生活での“ケガ・交通事故”を防ぐ。危険と思われる場所には近づかない。危険と思われる道路では一旦止まって左右確認。そして…
バスケットでは、準備体操・ストレッチをしっかりと行うぞ。ケガをなくすために体操をしています。だから、この体操中に“ペチャクチャ”話している選手は怒られるわけ!!!
後、お風呂ですがしっかりと肩まで浸かって“100カウント”してるかぁ〜??
疲れが取れにくい選手は、お父さんと一緒にお風呂に入ろう。笑(^_-)-☆たまには、裸のつきあいもいいでしょ!!

そして、ここからが本題。
“頑張り過ぎるな!!”
“無理をしない!!!”
これを、ゼッタイに守って欲しい。
選手みんなの痛みは、コーチたちにはわかりません。だから、中途半端に“頑張る”のは、ケガをもっと“悪くする” “長引かせる” 原因になるから注意する。
それと、スポーツにおける傷害は専門医(スポーツドクター)にみてもらうことを奨めます。スポーツ傷害の原因を知るためにも、まずはレントゲン、内視鏡検査などを受けた方が安心されるかと思います。
ちょっと、次いでに話しますが掛かり付けの病院で何年も通い経過が全く良くならないケースがあります。その時は、セカンドオピニオンを奨めます。再度、適切な場所で、適切な診療・検査を受診して下さい。

はいはい。と言うことで、ケガ防止などについて話しました。どうしても、普段の生活からすべてのことがつながっています。
バスケットだけ頑張ればいい!!
では、ダメダメ(>_<) 選手だぞ。
上手くなりたい選手は、家の手伝いをすること。お父さん、お母さんの手助けを進んでしよう。

バスケットが上手くなりたい選手は、自分のからだ、生活態度などもしっかり“コントロール(管理)”できる選手だからね。

『すべてがバスケットにつながってる!』

★★★次回は、アイシングについて話します
★★ライス処方とは?いったい??★★


2011 年 5 月 20 日  
こんなチームはいいよ!

精神的な柱がいる。
こういうチームは必ず強くなると思う!

やっぱりコートの中での目的意識が、ハッキリ見えてるチームは強いわ。
自分がやってやる!くらいの気持ちを持てよ。
ゴールにむかってo(^-^)o
by かわもと


2011 年 5 月 16 日  
ディフェンスだよ!ディフェンス!!

おいっす。なべでーす!
この間のある試合の録画を観たよ。
敗因となる身長差。ゾーンディフェンスの攻め方。この敗因となる点をどの様に改善して行けばいいのか?悩むね、悩む<(´△`;)>

悩み事が多くって、ハゲちゃう!!
“アルシンドになっちゃうよ〜♪♪”でた!笑
みんなには、わからないよね。ムフフ♪
あ〜楽スゥイートO(≧∇≦)o 笑笑

特に、身長差をフルに使ってくるオフェンスには、バックコートの早目から仕掛けるディフェンス。それと、ボールを運ばれセットオフェンスになった時に、センターをどれだけゴール付近でボールを持たせないかがポイントなんだろうと思うんだよね。
そこで、チーム力を高めるために一番取り組まなければならないのはディフェンス!!と、イケメンは思ったの!!
“えっ!なべ〜、なんでディフェンスぅ〜?”
と思うかもしれないけど、理由はね、こういうこと。
ディフェンスを頑張ることによって、得点できるチャンス、回数を増やすことができる。それによって、良いリズムが生まれるため。
ディフェンスをバックコートから早目に仕掛けることによって、身長差をカバーできるだけの敗因要素を少なくできるため。
ディフェンスが出来るチームは、自然と1on1の能力がついているから!!
“ディフェンスを頑張る”ことは、身長差があるチームに勝つための最大の武器になると考えるからですよ。
だから、今は個人のディフェンス能力を高めて行って、次のステップのチームディフェンスへ進んで欲しいです。

実は中学校になってから、細かく学ぶディフェンスステップをみんなは今練習しています。ジュニアに来る前に、基本ステップとディフェンスに対する考えを徹底的に覚えようね。
さぁ、頑張ろうね(^O^)♪♪














愛知県安城にある安城レッズミニバスケットボールクラブ公式ホームページ。
安城・岡崎を中心とした西三河エリアの選手たちが大活躍。随時、体験入部受付けます。
★サイトマップ